"水島裕子の映画評MOVIE ON ービーオン"  LaCoocan

■■■ 2022年 vol.1 ■■■

http://cinemaegg.movie.coocan.jp/index.html*スマートフォン対応 メニュー*

■シネマエッグ推薦パソコン  FMV UHシリーズ (windows11モデル made in Japan) <使い勝手世界最速!!!>

「アナログ盤」を「JVC WOOD CORNコンポ」で「SONY MP3 WALKMAN」に録音して再生すれば「4K音源レベル」と成ります。

Windows 11 brings you closer to what you love (Microsoft 2021 October) (2021.10.13 new)

「Windows 11が、貴方の元へ、貴方の愛すべき何か、との距離を、更に、身近にしてくれます」 (cinema egg訳)

and also "arrows tab "with key board package from an originally unit of Japanet-Takata as very good performances at cafe (B5) !

 "DANCE WITH ME (2019)- OST" it set up into my soundtracks mp3 collection ! IT'S VERY CUTE HER VOICE WITH JAZZ BAND !

■■■■■■■■最新記事順次掲載■■■■■■■

*STEREO EGG FM  最新 第82号 「 コロナ渦以前の大ヒット映画音楽ライブ !!」と称し楽しみます* (2022.4.10 new)

CINEMA EGG●YOU Tubeで聴く懐かしの映画主題歌集 第82回●

■■ 第3回目コロナ・ワクチン接種開始!!! 油断大敵!!! 今後も「変異株」が連続されると言われています ■■

■2021■12月■&■2022■1月■ 第205回シネマエッグ推薦作   劇場版 呪術廻戦0  2022年2月11日(金)〜 (2021.12.25 new)

>>CINEMA EGG RECOMMEND NEWLY FILM REVIEW : NO.205 "JUJUTSU KAISEN 0" (as "INCANTATION ROUND BATTLE 0") 「劇場版 呪術廻戦0」を観て<<

■2022■2月■  第206回シネマエッグ推薦作   ウエスト・サイド・ストーリー 202 2年2月11日(金)〜 (2021.11.30 new)

>> 「ウエスト・サイド・ストーリー」を観て<< (2022.2.12)  >> 付録「 ウエスト・サイド・ストーリー 」半券・台紙 <<  (2021.12.11 new)

■2022■3月4月第207回シネマエッグ推薦作 (1/2) (邦)  余命10年  2022年3月4日(金)〜 (2021.12.15 new)

>>CINEMA EGG RECOMMEND NEWLY FILM REVIEW : NO.207 "THE LAST 10 YEARS" (as "YOMEI 10 NEN") 「余命10年」を観て<<

& 第207回シネマエッグ推薦作 (2/2) ザ・バットマン  2022年3月11日(金)〜 (2021.12.15 new)

>>「ザ・バットマン」を観て<<

■2022■5月■ 第209回シネマエッグ推薦作 (邦)  シン・ウルトラマン  2022年5月13日(金)〜 (2021.12.15 new)

>>CINEMA EGG RECOMMEND NEWLY FILM REVIEW : NO.208 "ULTRAMAN" (as "SHIN ULTRAMAN") 「シン・ウルトラマン」を観て<<

■2022■6月■ 第210回シネマエッグ推薦作 (1/2)   トップガン マーヴェリック 2022年5月27日(金)〜 (2021.11.30 new)

 第210回シネマエッグ推薦作 (2/2)  () 峠 最後のサムライ 2022年7日(金)〜 (2022.4.17 new)

更新日 2022年4月27日  最近作『アネット』★★☆
角屋清志

フランス映画の80年代ヌーヴェルヴァーグの一人であったレオス・カラックス初の英語映画である。台詞の殆どが歌われるミュージカル。殆どオペラの様な

映画である。今が旬のアダム・ドライバーとハリウッド映画に幾つも出演実績の有るマリオン・コテイヤールの共演で興行的成功も意識はしている様だが

妥協なき過激な作風は健在である。同時期にエドガー・ライトによるドキュメンタリーが公開されているミュージシャン、スパークス・ブラザースの原案を

基に映画化。スタンダップ・コメディアンの男とオペラ歌手の歌姫が恋に落ちて結婚し娘が生まれ。と言った物語が寓意を含んで展開する。アネットとは

娘の名前だが何と全篇殆ど人形として登場する。「ピノキオ」を意識しているのかも知れないし、幼くステージ・デビューさせられる姿には親のエゴに操られる

チャイドルの姿が重ね合わせられている様にも思えた。正に彼女は両親に操られる人形であった。原案のスパークスは元々映画好きでゴダールやベルイマン

をリスペクトし、ジャック・タチやティム・バートンの映画音楽を担当する話が流れて来たと言う経緯も有り、今回三度目の正直で映画に参加して

多くの映画ファンにその名を知らしめる事と成った。公開中の彼らのドキュメンタリーも一見の価値有りである。只、歌劇としてオペラ歌手に対する

スタンダップ・コメディアンならアダム・ドライバーはラップで勝負させて欲しかったし、その方が其々のキャラの違いも際立ったのではないかと思われた。

ここらはカラックスや歌曲担当のスパークスの見解を聞いてみたい所だ。そしてネタバレ微妙だが最後に出て来る女の子があまり可愛くなかったのも残念。

此処は陣腐でも天使の様な可愛い少女の方がより昇華された気分に成れたと思った。いささか意味有り気。寓意的な要素が多く素直に乗り損ねた部分が

有ったがパワフルな展開で140分と言う長尺を退屈はしなかった。上記の理由で☆半分マイナス。

角川シネマ有楽町、他にて全国ロードショー中

原題: ANNETTE (訳「♀アネット」)

更新日 2022年4月27日  最近作『ベルファスト』★★★
角屋清志

アカデミー脚本賞受賞のケネス・ブラナーの自伝的映画である。時代やモノクロの映像等アルフォンゾ・キュアロンの『ROMA/ローマ』(18)と重なる部分も

多い作品だがこちらの方が遥かにしっくり出来た。プラナーは僕とはほぼ同世代だが『チキ・チキ・バン・バン』(68)は日本では山本リンダが歌っていたなと

懐かしく思い出す。『恐竜100万年』(66)も出て来るし、サンダーバードとかボンドのミニカーとか、いちいちしっくり来た。TVでは『真昼の決闘』(52)や

『リバティ・バランスを撃った男』(62)が放映されているし、映画オタクなら断然こちらが好きである。ジュディ・デンチのお婆さんがかつて観た

『失なわれた地平線』(37)について語るシーンは重要だ。あのフランク・キャプラの映画は80年代前半にフィルムが復元される迄失われた映画と

成っていたが、理想主義者のキャプラが理想郷を追う事の虚しさの様な事を語っていた作品ではないかと思う。ベルファストも理想郷ではなかったし、

家族がイギリスに渡っても決してそこには理想郷では無いのだろうがそれでも彼らは生きて行かねばならない。ジュディ・デンチを始め役者が皆良い。

イングランド系の役者はレベルが高いとつくづく思う。ケネス・ブラナーは西部劇が好きらしく『真昼の決闘』を引用しながらの演出等嬉しく成ってしまった。

ブラナーは元々かなりの映画マニアだが、ジョン・フォードの『わが谷は緑なりき』(41)等も間違いなく好きなのであろう。ちょっと聞いてみたいと思った。

あれやこれやで映画ファンなら間違いなく楽しめて色々と考えさせられる映画と成っている。アガサ・クリスティやマイティ・ソーをチラリと出す辺りも

彼らがそれらを監督している事を知っていれば何とも微笑ましい。あくまで子供目線を保って無理に社会性等に広げようとはせず、コンパクトに98分の

上映時間にまとめて、それでいて現在のウクライナ紛争にも繋がる問題をさり気無く提出しているのも良い。音楽担当はアイルランド出身の大御所

ヴァン・モリスン。これがまた素晴らしい。確実に僕の今年の10本には入る作品だ。

日比谷シャンテ・シネ、他にて全国ロードショー中

原題: BELFAST (訳「北アイルランド首都ベルファスト」)

更新日 2022年4月20日  最近作『シャドウ・イン・クラウド』
水島裕子

コロナで人々が閉塞感に苛まれる中、密室劇を観るのは心に悪い気がする。けど、例外は有る。此の作品は、冒険で有り、スリラーで有り、

謎の生物はSFだろうか。ミステリーでも有る。監督&脚本のロザンヌ・リャンは、ニュージーランド生まれ、両親は香港からの移民で

オークランドへ。(ニュージーランドに有るのね、アメリカかと思っていた)。大学でコンピューター科学を学ぶ。彼女曰く、此のヒロインは、

クロエ・グレース・モレッツ以外に考えられなかった。6歳の時から60本以上の作品に出て、超人的なスキルを使って見事に的を得た演技をする。

複雑な格闘シーンも数分で覚え、1回のテイクで12ページ分のセリフをこなす。そう分析する。共感するし、こういう他者の見方をする人こそ、

只者では無いと思う。作品もユニークだし、これからも此の人の作品を観て行きたいと言う気持ちにさせられる。ジェームズ・キャメロンの

『エイリアン2』等からインスピレーションを得て、第二次世界大戦に従軍した女性兵士達をリスペクトした作品であると言うのも良い。

1943年。時は、第二次世界大戦の只中だ。ニュージーランドのオークランド空軍基地からB-17大型爆撃機クールズ・エランド号が離陸の準備を

始めている。そこへモード・ギャレット空軍大尉(クロエ・グレース・モレッツ)が乗り込んだ。上官から秘密指令で、或る最高機密を収録した大きな

鞄をサモア島まで運ばなければならないのだ。乗務員7名は、爆撃機に女性が乗るのに反発し、歓迎する者はいない。席が無いからと、

狭い砲台の銃座に入れられる。雷雨の中、飛び立つ。高度2500メートルの上空に達した時、モードは右翼の下部に生き物の影を発見するが、

報告しても誰も信じようとしない。モードに、その生き物が襲い掛かって来る。空軍兵士達の間で噂に成ってる魔物グレムリンだ。必死で

グレムリンを撃退すると、今度は日本軍の戦闘機が正面からやって来る。モードは撃墜に成功し、その手腕は乗組員達をもびっくりさせる。

今度は再びグレムリンが現れ、油圧装置を破壊。機内に侵入して来る。グレムリンの狙いは、モードの鞄と何か関係が有るのだろうか。

ラストで明かされる秘密が見所だ。

4/1〜新宿ピカデリー他にて全国ロードショー中

原題: SHADOW IN THE CLOUD (訳「その雲潜む影」)

更新日 2022年4月20日  最近作『チタン』
水島裕子

今年のカンヌ映画祭の最高賞パルムドール受賞作だ。ジュリア・デュクルノー監督も、主人公の一人で有るヴァンサン・ランドンも好きで注目しているので、

一体どんな内容なのだろうと大いに気に成った。宣伝ポスターからして数多くの想像力を沸き立てる。シニヨンを結った女性の後ろ姿は、一瞬、美しい。が、

良く見ると複雑な模様が有る。試写プレスを見ると、2018年『万引き家族』、2019年『パラサイト 半地下の家族』、2020年開催中止を経て本作が

パルムドールに選ばれた。そう書かれている。突然変更の如く現れた新時代の申し子と呼ぶべき圧倒的怪作と続けて評している。そう位置付けるならば、

此の作品が国内でどんな宣伝展開をして行くのかにも興味が沸く。多くの人に観て欲しいと思う。けど、鑑賞にはマニアックな悦びが伴っている。

本作の監督は、デビュー作『RAW〜少女のめざめ〜』(16)で、カンヌ国際映画祭・映画批評家連盟賞を受賞した。獣医学校に通う女子学生の話で、

内容は衝撃的だ。此のデビュー作と2作目の本作は、同じ出演者が居たり、役の名前が一致していたりと何かとメタファーが多い。

主人公のアレクシア役を選ぶ時、監督は無名の役者と決めていた。観客がどんな思い込みも持たない人が必要だったと言う。選ばれたアガト・ルセルは

理想の身体つきと魅力的な顔を持ち存在感も全て望みに適っていたそうだ。確かに此の事は、作品を観ると納得だ。反面、もう一人の主人公

ヴァンサン・ランドンは、本国では誰でも知っている名優だ。監督とは長年の知り合いで、此の役はヴァンサンに当て書きしたと言う。それは良い驚きだ。

ヴァンサンの映画はほぼ観ているけれど、本作でのキャラクターは斬新で、これまでに無い彼を引き出している。チタンとは、金属のチタンの事だ。

アレクシアは、幼い頃に交通事故に遭い、頭蓋骨にチタンプレートを埋め込まれた。以来、「車」に対して果てしない執着心を抱く様に成る。或る日、

消防士のヴァンサンと出会う。10年前に一人息子が行方不明に成り、妻とは別居、孤独に暮らしていた。二人は共同生活をする様に成る。

監督は本作に対し、「故障」と「脱線」と言う言葉、パーカッションとベルの音楽を大切にしたと言う。

4/1〜新宿バルト9・他にて全国ロードショー中

原題: TITANE (訳「チタン合金」)

更新日 2022年3月26日  最近作『フレンチ・ディスパッチ』★★★
角屋清志

虫虫虫、映画の虫。虫虫虫、サブカルチャーの虫。ウエス・アンダーソンの日本初登場作品『ロイヤル・テネンバウム』(01)を観た時、こんな風に批評を書いた。

「ともかく博識、映画だけでなく文学から音楽迄含めてともかく博覧狂気?!、それでいて私的な統一感が有り、デザインとレイアウトに優れたセンスを持つ監督だなと思った。」

それ以来、お気に入りのシネアストである。3人アンダーソンの中では1番好き。あと2人はPTAとミラ・ジョヴォヴィッチの旦那だし、此の最新作も楽しんだが今回は敢えて

苦言を呈してみたい。かつて知人のシナリオ・ライターが小栗康平『死の刺』(90)やピーター・ジャクソン『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に関して

「本文より挿絵をやりたいのではないか?」と発言した事があった。本作に関して僕は似た様な事を思った。「本文よりデザインやレイアウトに比重が掛かり過ぎている

のではないか」と。相変わらずセンスは良いが、其々のエピソードがそれだけで独立した1本の作品が作れそうな要素を含んでいるのにダイジェスト的にすり飛ばした

のみに終わっているし、肝心の廃刊の雑誌社内部の人間ドラマにも感興を催さなかった。レア・セドウのオールヌードの絵画モデル等もっと観たかったのにあまりに

勿体無い。個人的な趣味だが。只、ジャック・リヴェットが『美しき諍い女』(91)でエマニュエル・べアールのヌードと体位の変化で4時間も引っ張った図々しさは

見習うべき点も有ると思う。本作、デザインやレイアウトに気を取られ過ぎて本文がストンと落ちてこなかったと言うか、あまり本文がしっかり書かれていなかった

のではないか? と言う疑問が残った。そんな訳で前2作から少し後退してしまったかなと言う印象が残った。無論好きな映画なのだが「行間」を読んだり、

「余白」をあじわったりする愉しみがなかった。そこがちょっと残念であった。

TOHOシネマズ日比谷シャンテシネ・他にて全国ロードショー中

原題: THE FRENCH DISPATCH (訳「フレンチ・ディスパッチ誌」

更新日 2022年3月23日  最近作『ツーアウトフルベース』
水島裕子

コロナで、試写が極端に減った。特に外国の映画の。3月公開作品は1本も観ていない。でも、来月、4月公開作品は、整理してみたら幾つか観ていたので、

段々増えて行くのだろうか?また、先日、芝居に出演した時も、日本映画界で第一線で活躍している人達が観に来て下さったり、何か新しい展開が起こりつつ

有る様に感じる。本作のタイトルは、英語の意味は判るけど、野球用語としては知らない。知ろうとする気はないけれど、それで良いみたい。軽く楽しめる作品だ。

試写で配られるプレス冊子の最初に、「女性層から絶大なる人気を誇る7人組ユニット・7orderの阿部顕風が、ついに長編映画の初出演を飾る」とある。

此のグループも知らない。もう一人の主人公を演じる板垣瑞生は、プロフィールを見たら思い出した。成島出監督の『ソロモンの偽証』(2015)のメインキャストの

一人だ。此の映画の照明技師の金沢正夫さんがアカデミー賞を受賞し、式の直前になくなった。私も一緒に仕事をした事が有るので行ったお別れ会で

見掛けたと思う。脚本は『ミッドナイトスワン』(2020)を監督した内田栄治だ。彼が20年程前に書いたハイテンションストーリーを、

藤澤浩和が監督として実現させた。2020年に、前代未聞の女性同士の社交ダンスを描いた。『レディ・トゥ・レディ』で長編デビューした彼の、

本作は2作目だそうだ。企画プロデュースは、ミュージシャン、湘南乃風の「若旦那」だ。

高校時代、甲子園出場が決まったピッチャーのイチとその相棒のハチ。だが、他の野球部員の不祥事により、出場出来なく成ってしまった。10年後、

「白球」は「白い粉」に変わる。イチとハチはドラッグに溺れ、自墜落な日々を過ごしていた。そんなイチにも夢があった。父親から受け継いだギターの

レスポールを演奏し、ハチとバンドを組んで成功を収める事だった。或る日、イチとハチは、伝説のヤクザ、オニヘイから因縁を付けられ、乗っていたアメ車を

取られてしまう。その車は、最恐半グレのヒロポンから、ハチが借りていたモノだった。どちらもヤバい相手だ。二死満塁。絶体絶命の中、甲子園出場停止から

動いていなかったイチとハチの人生の歯車が、軋みながらも回転を始める。

3/25(金)〜全国ロードショー中

原題: TWO OUT, FULL BASE (訳「二死満塁」)

更新日 2022年3月23日  最近作『ウエスト・サイド・ストーリー』★★★
角屋清志

映画として昨年公開された2本のミュージカル『イン・ザ・ハイツ』、『ディア・エヴァン・ハンセン』より遥かに良いと断言したい。

僕の今年の10本には入るであろう。ロバート・ワイズ版と比べて幾つか設定の違い、ナンバーの違い等有るが其々良い所悪い所ね総合して

前作と同列位の評価である。取り敢えずリタ・モレノをプロデューサーの1人として招き彼女の為に当て書きしたと思われる役で起用した

リスペクトは素晴らしい。スクリーンからは半世紀程遠ざかっていた彼女が綺麗に歳を重ね魅力的なおばあちゃんとして復活した! 御歳90歳である。

多くの高齢女性に勇気を与えそうだ。警部だったかの台詞で対立する両者を共に負け犬と位置付け「むなしい闘い」と打ち出している辺りも良い。

ダンスの振り付けに関してはシャープに一糸乱れぬでカチッと振り付けられた前作に対して本作はシャープに振り付けられた部分と演者のエモーションに

比重を置いたインプロヴィゼーション的な崩した部分が共存しており、それでいてスクリーンに結晶する映像やカメラワークはそれを毅然一体化させ

ヴィヴィットに躍動する映像感覚でまとめ上げている辺りは流石スピルバーグだと思った。「♪アメリカ」、「♪アイ・フィール・プリティ」のシーンは前作を

凌いでいたと僕的には思えた。逆に「♪トゥナイト」の辺りは余り良くないと思うが詳しく書き出すと切が無いので此の位にして置く。

キャストは、主演2人は、前作の方が良いと思ったがそれはあくまで好みの問題であろう。只、身長差の有るカップルを起用するならその高低差を活かした

振り付けや演出にひと工夫して欲しかった。例えば『略奪された七人の花嫁』(54)等全て小柄な女優さんを起用する事で山男の逞しさを強調するだけでなく

身長差を活かした振り付けで情感と躍動感を上手く演出していたと思う。グループの乱闘等立ち回りシーンがリアルに成り本当に痛そうでリアリズム過ぎる

と言う批判も有る様だが、同時代的にはミュージカルに画期的なリアリズムを持ち込んだと言われた前作もまだまだオールド・ハリウッド的なスター・システム

や人工的なロマンティシズムが背骨と成っていたと言う事であろう。此の辺りは60年余りの時代の変化を踏まえてのスピルバーグのギリギリの選択であったと

許容したい。ベルナルドもジョージ・チャキリスの様にカッコ良くは無く、アウトレイジ過ぎるが、スピルバーグは本作をスターシステム的なエンターテインメントと

してではなく、あくまで群像劇として演出したのであろう。あれやこれやで僕は流石スピルバーグ監督だと納得した。

『サウンド・オブ・ミュージック』(64)のリメイクも任せたいと思った。あちらの方がよりスピルバーグ監督のパブリック・イメージに近い世界であるし。

TOHOシネマズ日比谷・他にて全国ロードショー中

原題: WEST SIDE STORY (訳「NY西側地区の物語」)

更新日 2022年2月23日  最近作『コーダ あいのうた』★★★
角屋清志

すでに今年のベストと言う意見も幾つか出ている秀作である。僕もおそらく10本には入るだろうと思う。フランス映画『エール』(14)のアメリカ版リメイク。

オリジナルは未見。「コーダ」とは「聴覚の不自由な両親を持つ子供」と言う意味だそうだが音楽の「最終楽章」の意味も掛けられている。

両親と兄が聴覚障害者の中で唯一健常者として育ち手話をこなし家族の通訳の役割を果たしていた女子高生が音楽的才能を発揮し家族らとの葛藤

を経て巣立って行くまでの物語である。異色のホームドラマであり青春映画であり音楽映画である。爽やかな感動がある。少女の音楽的才能が手間暇

掛かる楽器を操る事ではなく歌が上手い。コーラスの才能であり歌曲もオペラやクラシックではなく有名曲メインのポップスであるので、とても親しみ易く

判り易い仕上がりと成っている。クライマックスはジョニ・ミッチェルの「♪青春の光と影」を歌うシーンだ。ここがとても良い。健常者と障害者は其々片側

しか理解していないのではないかと言った問いかけと共に、その隔たりの壁を取り払うかの様なものを感じさせる。卓抜な歌曲の使用法であった。

因みに家族役の俳優さんは皆本物の聴覚障害者だそうで母親役は『愛は静けさの中に』(86)でアカデミー賞受賞歴の有るマリー・マトリンであった。

彼女をはじめ家族皆、表情や身振り手振りによる意思と感情の表現が豊かで有り、健常者家族以上に賑やかな家族と言う明るい印象さえ受けた。

生涯によるネガティブな感動ではなく、あくまでもポジティブな感動を齎す映画である。そこがいい。あーだ、こーだ言わずに

多くの人に観て欲しい映画である。

TOHOシネマズ日比谷・他にて全国ロードショー中

原題: CODA (訳「聴覚障害」)

更新日 2022年2月22日  最近作『ハウス・オブ・グッチ』★★★
角屋清志

楽しめましたね。160分余りの上映時間をサラサラと流して判り易い映画であった。レディー・ガガのビッチぶり! 彼女やはり演技力は有るなと

思ったら本格的にアクターズ・スタジオで学んでいたそうだ。『アリー/スター誕生』(18)は柄だけではなかったのである。彼女実は150センチ台と

背が低いが本作では何時も高めのヒールを履いて文字通り背伸びをしている感じが効果を挙げていたと思った。

相手役のアダム・ドライバーも此れまで今ひとつ良さが解らなかったが本作のボンボンな感じは実に良かった。本作総じて役者が皆適材適所だと

思ったが中でも一族の落ちこぼれのハゲデブ役のジャレッド・レトの化けっぷりには感心した。此のキャラは『ゴッドファーザー』PART1(72),

PART 2(75)に例えるならジョン・カザールの役だろうね。と書いて来てやはり此れフランシス・フォード・コッポラ監督で観たかったと改めて思った。

リドリー・スコットは無難にまとめてはいるけれどやはり風格や重圧さに欠ける。ゴードン・ウィリスやヴィットリオ・ストラーロのカメラでコッポラの

演出ならと言えば賛同してくれる映画ファンは多いのではないだろうか? 活躍した時代からコッポラの方がスコットよりひと世代前の印象が有るが

実はスコットが2歳若いだけなのである。本作をコッポラが手掛けていたら本格的な復帰作と成っただろうと惜しまれてならない。コッポラもグッチと

同じく親日家であるし。ところでこうした名門のジャンルを形成して来たと思うが何と呼ぼうか? 「ダイナスティもの」と言うのはいかがだろう。

TOHOシネマズ日比谷・他にて全国ロードショー中

原題: HOUSE OF GUCCHI (訳「グッチ家」)

更新日 2022年2月22日  最近作『スティルウォーター』★★★
角屋清志

マット・デイモンがフランス留学中に殺人容疑で逮捕され拘留中の娘を救う為にアメリカから単身渡仏すると言う物語のヒューマン・ドラマ。

サスペンス映画の様に宣伝されているがサスペンス要素は意外に少なくしっかりと描かれた人間ドラマとして見応えがあった。

ブルーカラーの建築労働者であったデイモンが排他的な港町で差別や偏見や法の壁の前で悪戦苦闘しながら娘を救出し、本国に連れ戻すの

だが、その後ろで意外な事実が判明する。その事実に関しては彼の弟が出演した或る映画と同じ様な感想を持ったと言っておこうか。

タイトルはデイモン父娘が生活していたアリゾナ州の街の名前だが、それだけでは無くダブルミーニングであった様に思われる。

かつて小津安二郎の映画を「水位ゼロのダイナミズム」と評した評論家が居たが、本作も表面上は娘が救出され事件は解決して波風無く

収まった様に静かな結末を迎えるが実は水面下に深く淀んだ澱を残したままなのである。複雑な後味を残す映画であった。

監督は『スポットライト/世紀のスクープ』(15)のトム・マッカーシー。一見の価値有り。

TOHOシネマズ日比谷シャンテシネ・他にて全国ロードショー中

原題: STILLWATER (訳「米国アリゾナ州スティルウォーター」)

更新日 2022年2月22日  最近作『355』★★☆
角屋清志

個性的なメンバーが其々の反目や自我のぶつかり合いを越えて同じ目的の為に行動すると言うミッション・チームものは数多く作られているが

その殆どは男性のみか男性主体であったし、女スパイも数多く登場して来たがその殆どは男性目線の「喜び組」。

第1に女の武器を前面に出した「お色気要員」であったが本作は女だけのチームが男性と同じく知力や身体能力と言うスキルで持って

目的遂行の為に団結して闘うと言う点において或る種エポックと成るかも知れない萌芽を感じさせるエンターテインメントと成っている。

かつてデミ・ムーア主演、リドリー・スコット監督の『G.Iジェーン』(97)を観た時にも勘違いしていないか、女の自立や男女同権と言うのは同質に

成る事では無いぞと思ったし、エリザベス・バンクス監督による新版『チャーリーズ・エンジェル』(19)は僕的にはかなり楽しめたが男性に対する

扱い方に於いてかつての男性目線のエンターテインメントが女性に対して行っていた差別的と言われた扱いを立場を変えて男性に対して

行っているのではないかとも思えるものだった。本作はそこを一歩抜け出してかなりの成功を収めたエンターテインメントと成っていると思われた。

その辺りはメンバーの中心であり、プロデューサーも兼任しているジェシカ・チャステインの意向がかなり反映されているのではないかと思う。

そんな訳でエンターテインメントとして僕は充分楽しめたが是非、女性の意見をお伺いしたい所だ。僕としては今後シリーズ化されるなら

付き合いたいと思わせる作品と成っていた。

TOHOシネマズ日比谷・他にて全国ロードショー中

原題: THE 355 (訳「355」)

更新日 2022年2月19日  最近作『クライマッチョ』★★★
角屋清志

イーストウッド作品を大きく2種類と言うか4種類に分けて「重い・後味悪い」イーストウッドと「軽い・後味良い」イーストウッドに分けるなら

本作は後者に属する作品で気持ち良く鑑賞する事が出来た。上映時間は104分だが90分程の印象でサラリと観終わった。

余りにも飄々としているので逆にベストテンの上位に推すのがためらわれてしまう程だ。だが間違いなく良い。そして好きだ。

時代は79〜80年、原作は71年に書かれていたそうだから、その時代の精悼なイーストウッドで観て観たかったと言う思いも頭をよぎったが

その年のイーストウッドでは此の滋味は出なかったであろう。演出的にも彼の存在感としても。どなたかも書かれていたが本作のイーストウッドには

さながら晩年の笠智衆と高倉健を融合したかの様な良さがあった。

スターとしてのイーストウッドは実年齢より若く設定されていると思われる役柄を演じる事が『マディソン郡の橋』(95)以降増えた様に思うが、

例えば特に『マディソン郡の橋』の場合等、年寄りの若作りの痛さも感じたし、エロじじい的ないやらしさもあったが本作のイーストウッドは本当に

上手く枯れて飄々として彼の持つ異物的な暗さをも漂白していたと思えた。「暗いマッチョ」ではなく「明るいマッチョ」であった。

物語的には『グラン・トリノ』(09)や『運び屋』(18)の変奏だがより夾雑物が無くシンプルにまとめられており、余計な殺傷も無く安心感と安定感を持った

仕上がりと成っていた。何気ない台詞が良く練られており軽々と口に出しているがアメリカ人でありながら越境者でもある彼の人生に重ね合わされた

深さを感じさせられた。上出来の時のバート・ケネディ監督作品の様にB級映画的にも楽しめるし、メキシコを舞台とした現代西部劇としても出色の作品でもある。

TOHOシネマズ日比谷・他にて全国ロードショー中

原題: CRY MACHO (訳「吠えろマッチョ (筋肉)」)

更新日 2022年2月19日  最近作『金の糸』 さよなら岩波ホール
水島裕子

7月で閉館する岩波ホールでは、現在1月29日から2月25日迄ねジョージア映画祭が催されている。引き続き2月26日からは、

やはりジョージアの映画『金の糸』が公開される。2001年に、ナナ・ジョルジャーゼ監督作『シビラの悪戯』の映画評を頼まれた事が

きっかけで、私はジョージアと言う国と映画を知った。それ以来、好きでいるけれど、私の様なフランス映画好きな人は、ジョージア映画も

好きな人が何故か多い。本作は、戦後ジョージア映画を代表する女性監督ラナ・ゴゴベリゼの27年振り、91歳で撮った新作だ。

本作のヒロインには、スターリン時代に母親が収容所へ送られ、自身の作家活動も当局によって抑圧されていたと言う監督自身の体験が

反映されている。ジョージア初の女性監督だった母ヌツァは厳寒の地に約10年間流刑された。自身もソヴィエト連邦下の検閲と闘い、1991年のソ連崩壊後に

独立したジョージアの激動の日々を生きて来た。また、娘のサロメも映画監督として活躍。ゴゴベリゼ家は3代に渡り女性監督を生んだ。

歴史に翻弄されたり、老人問題が扱われていたりと厳しい現実に直面させられる中、どこかファンタジックで親しみ易い感じがするのは、此の監督の力量だろう。

タイトルに関するエピソードも良い。此の作品がスタートした2017年当初は『野の花』と言うタイトルだった。その後、日本の「金継」と言う伝統技術を知り、

「金で修復された器は美しく丈夫。そんな風に過去と和解出来たら」とタイトルを『金の糸』に変更した。

日本人が数世紀も前に壊れた器を金で継ぎ合わせる様に、金の糸で過去を継ぎ合わせるならば、過去は、そのものっと痛ましいものでさえ、

重荷だけでなく、財産にも成る事でしょう。と監督の言葉を引用しておく。ジョージアの首都トビリシの旧市街に、中庭を囲む様にして住人が暮らす

古い木造の集合住宅がある。そこに作家のエレネは娘夫婦と同居している。今日は79歳の誕生日だ。

だが誰からも気付いてもらえず。娘は此の日にアルツハイマーの姑を此の家に住まわせると言う。彼女はソヴィエト時代、政府の高官だった。

そんな折、エレネのかつての恋人から数10年振りに電話が来る。此の作品がコロナ渦での久し振りの洋画試写だった。

2月26日〜 岩波ホールにて (配給/ムヴィオラ)

原題: OKROS DZAPI (THE GOLDEN) (2019) (訳「黄金」)

さよなら岩波ホール 〜7/29 (54年間)

更新日 2022年1月5日  最近舞台オムニバスコメディ集『スセリ☆台本劇場25』
水島裕子

1/15(土)14:00 私が出演します、劇場座席完売。「劇場生中継」配信観劇チケット未だ有ります!! よろしかったら 御観下さい。

出演・水島裕子&オオタスセリ

「劇場生中継」配信観劇チケット2000円 ネット受付中 https://teket.jp/620/7773

更新日 2022年1月5日 『2021年度ベストテン』
水島裕子

[洋画・邦画]

1.ルクス・エテルナ

 ・・・ (ギャスパー・ノエとシャルロット・ゲインズブールの組み合わせが観たかった) ・・・

2.ジュテーム・モワ・ノンプリュ

  ・・・ (ジェーン・バーキン、ゲインズブール、このタイミングでの再上映が良い) ・・・

3.スザンヌ16歳

  ・・・ (ヴァンサン・ランドンの娘作。丁度芝居の稽古中に観た事も有り、演劇の世界がしっかり描かれているのに共感した) ・・・

4.キャッシュ・トラック

  ・・・ (ステイサム!) ・・・

5.海辺の家族たち

  ・・・ (以前からこの監督の作品を観て観たかった) ・・・

6.スクールガール

  ・・・ (スペインの女の子の話) ・・・

7.モスル -あるSWATの戦い-

  ・・・ (或るSWAT部隊の戦い。ハリウッド・スタッフと現地のスタッフとの共作) ・・・

8.ロボット修理人のA

  ・・・ (田中じゅうこう監督と知り合ったので) ・・・

9.ドライブ・マイ・カー

  ・・・ (長さを全く感じさせられなかった) ・・・

10.ジェントル・マン

  ・・・ (ガイ・リッチーをもう1作) ・・・

では、よいお年を。水島裕子

更新日 2022年1月5日 『2021年度ベストテン』
角屋清志

[洋画]

1.007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
2.アメリカン・ユートピア
3.ビリー・アイリッシュ/世界は少しぼやけている
4.ノマドランド
5.ラストナイト・イン・ソーホー
6.プロミッシング・ヤング・ウーマン
7.Mr.ノーボディ
8.ONODA
9.MINAMATA/ミナマタ
10.アンテベラム

[邦画]

1.孤狼の血 level2
2.ドライブ・マイ・カー
3.由宇子の天秤
4.シン・エヴァンゲリオン劇場版:I
5.竜とそばかすの姫
(6-10.なし 鑑賞本数不足による)

[コメント]

洋画は豊作だったと思う。大河ドラマ的クレイグ=ボンドの見事な大団円を1位としたい。

幾つかの映画音楽や政治的映画も心残り。西洋限定で選出したが『唐人探偵街/東京MISSION』はべたに楽しめた。

『MINAMATA/ミナマタ』は事実の歪曲で順位を下げたが駄目男の復権の映画として好き。日本映画は1・2位が特に好き。

 

更新日  2022年1月5日 年始のご挨拶

読者の皆様、映画配給会社の皆様、今年も宜しくお願い致します。

−ムービーオン編集長・角屋清志−

更新日 2020年11月9日 YOUTUBE番組『 週刊S&Mチャンネル〜少女からの蘇生〜』
水島裕子

山東ルシアと私、水島裕子のトーク番組を毎週月曜日22:00配信致します。御覧の程宜しくお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCSUVvAsYLgUmXGtFMX_sMrA

出演・ ゆうこりん & ルーシー

------------------------------------------------------------------------------------

  今後とも宜しくお願い致します。

ービーオン管理者  角屋清志志

------------------------------------------------------------------------------------